『珊瑚(さんご)』とは?

最近のパワーストーンブームで『珊瑚』(サンゴ、コーラルとも呼びます)を初めてご覧になられた方も多いかもしれません。

また、最近では小笠原諸島での中国船による密漁のニュースで珊瑚をご覧になったかたもたくさんいらっしゃることと思います。

でも、実は、珊瑚は古くから日本人には馴染みのある宝石で、話題になっている赤い珊瑚の他にも色目がたくさんある、とても美しい宝石なんですよ!
    →珊瑚の詳しい説明はこちら

また、染色技術の向上で染めを施した珊瑚も市場にはたくさん出回っていますが、天然の色目そのままの素材を特に『本珊瑚』と呼びます。
    →本珊瑚の詳しい説明はこちら

この貴重な素材『本珊瑚』のみを使ったアクセサリーを皆様にお届けいたします!

本珊瑚って?

宝石珊瑚のなかでも、人工的に着色を一切行っていないものを『本珊瑚』と呼びます。当店はサンゴの本場、四国は高知にて加工商を営んでおりまして、巻きや斑(ふ)などのある、本珊瑚の素材の良さを生かしつつ、原木から加工して商品にしています。

本珊瑚の原木にはいろいろな色目や呼び名がありますが、全体的に原木の採取量が近年大幅に減っており価格も高騰しております。人工的には作ることができない宝石としてこれから価値がどんどん上がっていくと考えられています。

原木の枝を切り出して加工しますので、大きさ(重さ)や枝の中心を走っている斑(ふ)が入っているかどうかなどで価値が大きく異なります。

『紅サンゴ』は特に人気が高く価格が高いことは有名ですが、実は『ボケサンゴ』と呼ばれる薄いピンクの原木はヨーロッパでは『エンジェルスキン』と呼ばれ珍重されていますが、今は全く採取されず、正に幻のサンゴとなりつつあります。また、時代劇で町娘が必ずつけているかんざしは『桃サンゴ』で、日本人にとって最も珊瑚らしい色目とも言えます。(実際は珊瑚は高価すぎて当時の庶民には手の出ないものだったはずで、このシーンは事実ではないようです。)

宝石珊瑚は彫りや穴を開たり、艶を出す工程でヒビが入りやすい特性を持っております。お使いいただくには支障はございませんが、やはりヒビの無い玉や彫りは価値が大変高くなります。

また、珊瑚は酸に弱く、特に果汁や汗には注意が必要です。素肌に直接つけるタイプのアクセサリーは、ご使用後に柔らかいタオルなどでそっと拭いていただいたり、汗をかきやすい季節には直接お肌に触れないようにするなどケアしていただきますと艶が長持ちいたします。

艶が無くなってしまった場合は専門家による特殊な作業が必要となりますので、お気軽にお問い合わせください。m(_ _)m

オーダーメイド承ります!

あなただけのオーダーメードのアクセサリーをお作りします!

「イヤリングだけどピアスにしてほしい!」
「同じデザインで金具の色がゴールドのものがほしい!」
「同じデザインで違う色のサンゴはないの?」
「もう少し大きいサンゴのものがほしい!」
「長さを指定してネックレスをつくってほしい!」


お客様のいろいろなご要望をお伺いして商品をご用意いたします。
お気軽にこちらをクリックしてメールにてご相談ください!
心よりお待ちしています!

※ただし、ご要望にお応えしきれない場合もございます。予めご了承ください。
※オーダーメイドのお品は原則的に銀行口座振込の前払いとなります。ご了承ください。

商品一覧

表示件数:
<< 前へ 3 4 5 67 8 9 次へ >>

(全商品:292点)

<< 前へ 3 4 5 67 8 9 次へ >>

(全商品:292点)

表示件数:

送料がおトク!

 ♪宅配便 (ゆうパックまたは      クロネコヤマト)

  お買上げ合計額
  ・10,000円以上
       →送料無料!
  ・10,000円未満
      →全国一律600円!

代引き払いもおトク!

 便利な代引き払いも
 ご利用いただけます!
(現金 or クレジットカード)

送料も代引き手数料も
ぐ~~んとおトク!

 ☆詳しくは
こちら.....

クレジットカード払い

 クレジットカードでのお支払は
 代引き払いのみ
 とさせて戴いております
      ご了承ください 宅急便コレクト お届け時カード払い

どんなお品をお探しですか?

携帯でもアクセス!

会員の方はこちらから

SSL

注文の際のご購入者の個人情報は日本ジオトラストの128bitに対応したSSL(Secure Socket Layer)暗号化通信により保護されていますので、安心してお買い物していただけます。